セレカの金利と限度額

地方銀行でお金を借りるなら静岡銀行の優れたサービスに注目

MENU

セレカの金利と限度額

銀行のカードローンは、消費者金融のキャッシングと比べて金利が低く、限度額も多く借りられるのが一般的です。

 

静岡銀行のカードローン「セレカ」はどうなのでしょうか。

 

まず金利ですが、年4%~14.5%となっており、銀行のカードローンとしては一般的な金利です。

 

もちろん、消費者金融のキャッシングよりは低金利ですね。

 

上限金利の14.5%の金利で1万円を1週間借りたとしても、その間の利息はたったの28円。

 

他行でお金を引き出した時のATM手数料よりも安いのです。

 

どのようにして金利が決定するか、それは審査の結果設定される限度額によって決まります。

 

限度額が100万円以下ですと金利は年14.5%、100万円~200万円では年12%、200万円~300万円では年9%、300万円~400万円では年7%、そして限度額が400万円~500万円では年4%の金利が適用されます。

 

低金利として認識される金利一ケタになるためには、限度額が200万円以上でなければなりません。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象ではありませんが、仮に総量規制である年収の3分の1と仮定しますと、金利一ケタを実現するためには年収600万円が必要ということになりますね。

 

ただ、実際にはそれよりも年収が少なくても大丈夫なようですが。

 

地方銀行のカードローンは審査の基準が大手銀行とは異なるため、有名銀行で借りられない方からしても人気が高い特徴があります。

 

静岡銀行と同じく東海地方を中心とした営業をしつつも全国対応となるスルガ銀行でも、早い審査と融資のスルガ銀行のVISA付きカードローンが人気となっています。